Date

ダンボール研究会

ダンボール研究会 ご活用ください
Breast Cancer Ribbon

リサイクルの優等生ダンボール

ダンボールを使ったあとや、送られてきたダンボールや商品などが入っていたダンボールをどうしていますか。
みなさんリサイクルに出していると思いますが、そのリサイクルに出したダンボールはどうなっているかご存知でしょうか。

地域や学校などで行われている資源回収や古紙回収業者によるダンボール回収、スーパーや家電量販店などにあるダンボール回収などに出すこととなりますがそれらは回収され、ダンボールは古紙とともに熱で溶かされ、またダンボールの原料になりダンボールとして生まれ変わります。

ダンボールは実は7回ほど生まれ変わると言われていてダンボールとして生まれ変われない古紙としてのダンボールはゴミを焼却する用の焚き付けの役割をします。

ですから捨てられるというような雑な扱いになる部分はなく、すべてが利用されるリサイクルの優等生と言われています。

日本では90%以上のダンボールがリサイクルに出されていて、世界第3位のダンボール生産国ながらその90%がリサイクルとしてまたダンボールになることえお考えるとかなり森林伐採を緩和できていますよね。
ダンボールは一日である会社では東京ドーム300個分の面積のダンボールが作られてるといわれていますから回収されるダンボールも一日にそれだけのダンボールが回収されているのかもしれません。