Date

ダンボール研究会

ダンボール研究会 ご活用ください
Breast Cancer Ribbon

どれだけのダンボールが生産されているのか

スーパーにいくとたくさんのダンボールが目に付きませんか。
ご自由にお使い下さいというたくさんのダンボールに品だししてる商品たいはダンボールに入っているし、商品そのものがダンボールに入った状態で売られている…たくさんのダンボールを見かけますよね。
それもそのはず。ダンボールが一番使用されているのは食品加工業界だからです。
カップメンや冷凍食品、調味料に缶詰、飲料水…などダンボールに入れられてスーパーなどに送られるのです。

食品は毎日たくさんのものが売れ、生産されていますから売れ変わりも激しく毎日大量の流通があります。
そのひとつひとつがダンボールにまとめられて出荷されることを考えるとダンボールがたくさん使われているのがわかります。

日本は世界的にみるとダンボール生産第3位です。
それだけ多くのものが流通し、経済も動いてるということです。
ダンボールの生産量は経済と比例しているといわれていて、現在のダンボール生産ナンバーワンは中国なのも納得がいきますね。中国は今バブル期を迎えていますから生産も多く流通も多いのでしょう。

生産は3位でも日本に技術は世界ナンバーワンだといわれていて機能性のあるダンボールがたくさんあるのは日本ダンボール界の誇らしい部分です。