Date

ダンボール研究会

ダンボール研究会 ご活用ください
Breast Cancer Ribbon

ダンボールは子供を選ばない

子供の頃、ダンボール工作をして遊びませんでしたか?
きっと小さな頃にダンボール工作をして遊んだなぁという人は多いのではないでしょうか。

子供の頃は自分の自由に大きな工作を作るとなると素材で大きいものというのはダンボールしかなかったのではないでしょうか。
ダンボールとガムテープがあればダンボールハウスが作れたり、ダンボールの乗り物を作ることができましたよね。

それが子供にとっては秘密基地みたいでとても楽しかったはずです。
ですから、その感動や気持ちを親として子供に伝えるために自分の子供にダンボールで遊ばせるのは良いことですよ。

自分で出来るんだという達成感と自由な発想の創造力、大きな工作をしてるんだという楽しみと喜び。
子供たちはダンボールが大好きなので喜ぶはずです。

子供のおもちゃはたくさんあって購入することができますが、たまにはこういったお金のかからない遊びながらとても自由な遊びを取り入れてみてはどうでしょうか。

きっと子供たちは夢中になって自分アレンジのダンボールハウスや乗り物を作ると思いますよ。
かっこよく作ったり、かわいく作ったり、自分だけのという想いがきっと特別なものを作る力となるはずです。

親子で一緒にダンボール工作するのも親子のコミュニケーションになって良いのではないでしょうか。